あなたの時間は限られている。

だから他人の人生を生きて無駄にしてはいけない。

~スティーブ・ジョブズ

 

ライフスタイリング

  • 現金だけに頼っていれば現在のライフスタイルを引退まで継続することは非常に難しいでしょう?

  • 日本の年金制のストレスが増加しており、全体的な歴史的赤字になること…?

  • 年代ごとに、投資の管理にどのような変更を加える必要がありますか…?

  • 継続的な財務的安心感を確保するために、リスク・リターンはどの程度重要ですか…?

  • 株式、現金、固定金利商品のバランスをとる必要性…?

  • 自分のお金を管理することは、一人だけでは効率的に管理できないフルタイムの仕事です…?

よく考えましょう

人々が貯金し、お金を必要とすることは、ここ200年間で大きく変わっていません。

変わったのは、雇用だけでは賄えないという財政上の目標が次第に厳しくなっていく中で、

これらの費用や資産を積み立てようとする人々のやり方です。

マイホームの頭金、車の購入、結婚式と新婚旅行の支払い、養育費、そして子供のための大学費用への支払い、

そして最終的には定年後の生活水準のために十分な資金を蓄える必要があります。

将来確定される費用は、今確保されないお金でどのように支払うつもりですか?

人生の全てが、私たちに断りなく、変化しつづけます。

失業した場合、財政的な安心感や生活スタイルはどのように影響を受けますか?

転職した場合は?給料が下がったら?離婚したら?パートナーが死んだり、末期的な病気になったら?

予期せぬ出来事に備えて準備が足りないと、計画が不十分になると、

生活水準やライフスタイルに取り返しのつかない損害が生じるがあります。

  • どうやって引退しますか?どこで?

  • 快適にプライドをもってリタイアするには、いくらかかるでしょう?

  • 何をしたいですか?どこで過ごしたいですか?どのタイプの服を着たいですか?

  • 休みの日はどこに行きたいですか?どんなレストランで食べたいですか?

すべての答えが「私には答えられない」を避けるために、できるだけ早めに答えを見つけ出さなければならない質問です。

私たちのライフスタイルのアプローチによって、人生における予見されるイベントと予想外の出来事の両方に対して、資金が確実に手に入ります。

インフレ、税金、死亡、障害、または法改正による収入損失のリスクを考慮して対処するために、私たちからの包括的な財務計画により、損失リスクを安全に最小限に抑えながら、資源と資金を最適化することを可能にします。

目標は通常、短期、中期、長期として定量化でき、それぞれのリスクとリターンがもたらす影響を考慮しながら、それに応じて投資を選択する必要があります。万能の解決策は存在しません。

ご相談の予約へ

 

リタイアメント

  • 仕事ができなくても、自分自身と家族をどう支え続けますか?

  • 海外での生活は自国での年金受給資格にどう影響しますか?

  • パートナーがあなたよりも長生きしている場合、あなたの年金額が大幅に減ってしまったら…?

  • 退職すると、年金受給資格はどうなりますか?

  • 将来、ストレス状態の年金制度からどれだけ受け取ることができますか?

  • 年金の受給年齢の引き上げにつれ、深刻な健康問題が起きる前に収入を確保しつづけられるか?

よく考えましょう

何人もの個人と話すと、リタイアメントという言葉のさまざまな定義に気付くでしょう。

ただし、同じ数十人の中では、達成したいことを整理し実際に適切に準備されているのは、たった1〜2名程度。

本当に何を必要とするのか、今何を始める必要があるのか​​考える時間をかけましたか?

個人は政府や会社に面倒を見てもらう可能性が薄れてきています。飢えない程度の食事以外に何かを望み、一日中テレビの再放送を見るよりもっと楽しい趣味が欲しいなら、財政的安心感を自分の手に握らなければならないでしょう。

私たちは、座ってこのディスカッションを喜んで行います。また、国籍の異なる個人がどこでどのように貯蓄を保有しているかについて、税務上の意味合いが異なることも理解しておりそれに応じて計画を立てるお手伝いをします。

ご相談の予約へ

 

教育資金

  • 歴史的に教育物価指数が毎年5%値上げしているなんて...?

  • 15~20年後には、教育費はいくらになるのでしょうか?

  • 子どもが留学を希望する場合、経済的な影響はどうなりますか?

  • 大学の借金は、子どものキャリアとその後のライフスタイルにどう影響しますか?

  • アルバイトを強いられることは、子どもの学習能力にどう影響します?

  • 大学院教育の普及により、入学レベルでもさらなる教育が必要になったとは...?

よく考えましょう

親なら誰でも知っているように、子どもの教育に投資することは、将来のために最も価値のある貢献かもしれません。しかしこのもう一方の側面は、その費用が親として最も負担がかかるものになりつつあるという事実です。

昨年、米国の大学総コスト(授業料、書籍、生活費など)の平均は年間約4万米ドルでした。一部のトップレベルの私立学校は年間約6万米ドルの費用がかかります。 さらに怖いのは、これらの料金がインフレ率(約5%)を上回るペースで着実に上昇しており、減速の兆しが見られないことです。​

世界各国でも、歴史的に大学費用の安さを享受してきた国(英国、フランス、日本)でも、政府の教育助成金が枯渇するにつれ、授業料が急増しています。

子どもが入学するまでは、これらの料金に対処することを先延ばしにすると、年間収入の大部分をこれらの料金に割り当てるため、生活水準が大幅に低下する可能性があります。学費を子どもに負担させることは、就職活動をしながらストレスがたまる学生生活や、卒業後何年もの間、子どもに借金を抱え込ませることになります。

代わりに、前もってきちんと時間をかけて計画を立てることで、子どもの18歳の誕生日に必要な資金が確実に確保できます。

ご相談の予約へ

 

不動産・相続

  • 亡くなったら合法的に資産はどうなりますか?

  • 家族に移転される税金と負債を何ですか?

  • 過度な税負担なしに資産を愛する人に効率的に移すには...?

  • 次世代のために、富を守る仕組みを作るには...?

  • 日本や外国にも資産がある場合、どのように計画します?

  • 世界中のすべての金融口座を統合する方法は…?

よく考えましょう

多くの人は自分の最期について考えないことを好みます。 しかし、適切な計画を立てなければ、深い悲嘆の最中に、最も近くにいる最愛の人に混乱を残すことにもなりかねません。

遺言は、個人が自分の事務を整理する一つの方法です。 この取り決めにより、 指名された遺言執行者は、故人の遺産を遺言書に従ってその財産を分配します。これは完全に受け入れられる取り決めですが、高い管理コスト(多くの場合、総資産の4%前後)や長い時間、および非常に大きな税額が発生する可能性があります。

遺言に代わる賢明な選択肢は、生前に家族信託や法人設立を構築することです。

綿密な計画を立てれば、遅延、管理コスト、税金の削減、他のメリットももたらします。こうした理由から、信託や法人構造の利用は増加しています。

ご相談の予約へ

 

法人構造

  • 資産はどのように統合、および法人構造、または信託によって保護できますか?

  • 海外の不動産をどのように保有するのが最適ですか?

  • 国際情勢はあなたのビジネスにもたらす影響は...?

  • あなたの会社をより競争力のある雇用主にする方法は...?

  • 従業員の福利厚生を怠ると、雇用条件が低下し、実質的には収益が落ちます...。

よく考えましょう

企業が従業員に福利厚生を提供しようとする程度は、多くの場合、従業員がその会社で働くことを決める期間によって決定するようです。公的年金や医療制度への負担が高まる中、国の制度は、特定の企業のニーズや基準にはるかに及ばないでしょう。従業員のために医療、生活、年金制度を設けると、従業員満足度が高まり、長期雇用につながる環境が作り出されます。確定給付金(DB)から確定拠出型(DC)、定期保険から終身保険、民間の医療保険まで、従業員への給付を増やすことができる分野は数多くあります。

また、世界中の多くの評判の高い金融センターでインターナショナル・ビジネス・カンパニー(IBC)や他の法人構造の設立を支援しています。厳格な法的枠組みを活用することで、資産を税制に準拠した法人構造に収まることは、場合によっては税金負債を最小限に抑えることができます。

ご相談の予約へ

東京オフィス

163-0649 新宿区西新宿 1-25-1 新宿センタービル 49階

台北オフィス

17F, #53, Sec.4 New Taipei Blvd., Xinzhuang Dist., NTC, 242 

© 2020 Copyright & Powered by BCC Inc.