その生命保険契約、ちょっと待った!

生命保障は、「自分が死んだ時に家族が経済的にどのように影響を受けるか」という

非常に難しい質問に対する単純な答えになります。


これは、誰も本当に考えたくないテーマです。


しかし、自分に経済的に依存している人がいる場合、それは避けられないものです。

生命保障の目的は、死後に一時金を支払うことにより、

思いがけない事態が発生した場合に家族に経済的安全を提供するためです。


人生のさまざまな段階で考えなければならない


一生を通じて、家族が直面する可能性のあるリスクに対処するために、

生命保障が必要になる場合があります。


シングルの場合

金銭的に扶養家族がいなければ、生命保険が必要ないでしょう。

しかし、例外があります。

親または兄弟をサポートしている場合、または、

家族に多額の借金を抱えている場合は、

生命保証を検討する必要があるかもしれません。


カップルの場合

多くの世帯は、共働きで二つの収入に依存していることが多いです。

自分が突然亡くなった場合、配偶者またはパートナーには、

葬儀費用、クレジットカードの残債、未払いの借金、生活費を賄うのに

十分なお金があるかについて、

日々の会話で把握しておきたい内容です。


子育て世帯の場合

子どもを育てることは非常にやりがいがありますが、

非常に高くつくこともあります。

明日亡くなった場合、配偶者またはパートナーは、

子どもを経済的に教育的に支え続けることができますか?

また、よくありがちな誤解は、稼ぎ手にしか生命保険を入れないことです。


家庭に入って働いていない配偶者またはパートナーの生命保障を考慮することは、

子どもを育てたり、家を運営するなど、重要な機能を果たしていることから、

一家の大黒柱に保険をかけることと同じくらい重要です。


そして、ひとり親は誰よりも生命保障を考慮する必要があると言えます。

住宅ローンがたくさん残っている場合

ほとんどの人にとって、マイホームは最も重要な「資産」であり、

住宅ローンは最も大きな負債でもあります。


住宅ローンを抱えている場合、最悪の事態が発生した場合に

家族に完全に借金のない家を提供するために、

住宅ローンの価値と同等のの生命保障を考慮してください。


日本では、住宅ローンを借り入れる際に、

金融機関に「団体信用生命保険」

いわゆる「団信」の加入を求められているケースがほとんどですが、

入っていない人は別途検討する必要があります。


生命保険と宝くじが同じものであることに気づけば、

必要以上に買わないことが分かるはずです。

生命保険は不幸なことが起きると、賞金がもらえる宝くじの別名だからです。

東京オフィス

163-0649 新宿区西新宿 1-25-1 新宿センタービル 49階

台北オフィス

17F, #53, Sec.4 New Taipei Blvd., Xinzhuang Dist., NTC, 242 

© 2020 Copyright & Powered by BCC Inc.