よくある投資する時のミス、あなたはしてない?

ミスは誰もがうっかりしてしまうことです。

知っている事実が真実とは限らないことに気づけばミスを回避できるでしょう。


ミス1:平均リターンに注目する


セールストークの平均リターンは、実際の投資の結果と異なって、

誤った表現を提供する可能性があります。

率直に言って、数値が足し合わないこともよくあります。


2年間で平均リターン25%の架空のファンドがあるとして、

ファンドの「平均」リターン25%を知ると、投資家が儲かると仮定するでしょう。

ただし、実際は1円も増えない可能性があるため、数学のトリックに要注意です。


例えば、

100ドルを投資した場合、

1年目は50%が下落し、

2年目は100%が上昇したら、

数学的に平均25%になりますが、

結果的に1円も増えていないです。


(▲50%+100%)/ 2 = 25%

100ドル▲50%→ 50ドル+ 100%→ 100ドル


平均リターンは、必ずしも実際の儲けになると限らないです。


パフォーマンスを評価するための基準として

前年比成長率(Year Over Year Growth)を活用し、

一貫性に注目することにより、ミスを回避できます。


過去に不安定な時期のパフォーマンスをチェックして、

その一貫性を判断するのに役立ちます。

目標は安定したパフォーマンスと低いボラティリティを反映した、穏やかな山と谷を示す値動きの投資を探すことです。

ミス2:手数料に重点を置きすぎ、多様化には不十分


手数料は投資家にとって重要な考慮事項ですが、

コストを抑えることを主な目的とすべきではないです。

代わりに、多様化とリスク管理に注意を向けるべきです。


資産の配分、分散、リスク管理は、リスクをどのように分散させるかという哲学に基づいて、ポートフォリオを構築します。


投資哲学を手数料だけで制限するのはもったいないです。

商品タイプと投資スタイルを考慮する必要があるからです。


投資には多くの種類があるため、

ヘッジファンド、債券、オルタナティブ、投資信託、株式などを使って、

分散ポートフォリオを構築するときに、

さまざまなレベルの手数料がかかることに意識する必要があるのです。


手数料の検討は、同じカテゴリで比較しないといけません。


つまり、


インデックスファンドとインデックスファンドを比較することです。


インデックスファンド、アクティブファンド、ヘッジファンドなどを組み合わせたポートフォリオの構築にフォーカスし、資産の多様化を実現します。


併せて読む:低い手数料と高いボラティリティはリターンを蝕む?

投資する際に、やはり重要なのは、

お金の目的と明確なビジョン(それを何に、いつ使用するか)をはっきりさせることです。


そしたら、より明確でスマートな意思決定につながるはずです。


詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

東京オフィス

163-0649 新宿区西新宿 1-25-1 新宿センタービル 49階

台北オフィス

17F, #53, Sec.4 New Taipei Blvd., Xinzhuang Dist., NTC, 242 

© 2020 Copyright & Powered by BCC Inc.