子どもが貯め上手になる方法

どのようにすれば子どもが貯蓄の精神を養い、将来に備えることができるでしょうか?いつになったら、お金の話をするべきでしょうか?その答えは「今でしょう」。調査によれば「3歳までには、子どもは基本的なお金の概念を理解できます。 7歳になる頃には、お金の習慣はたくさんできています。」


将来のことを考えない子ども(大人も!)は、わざわざ前もって計画を立てることはないでしょう。なぜなら、稼いで手に入ったお金は使うべき金だと思うからです。では、どのようにしたら、子どもに事前の計画を立てさせ、将来のためにお小遣いの一定の割合を節約させられるのでしょうか。


数字を見える化


子どもに節約のメリットを教える有効な方法は、ルールを作って守らせることです。 欲しいものの金額を全部貯めるまでは、買ってあげないことです。おしゃれなスケートボード、最新のゲーム機、おしゃれなプリンスドレスがほしくてたまらない子どもはいるでしょう。金額と貯蓄のグラフを目に見える進捗管理すれば、とても効果的です。営業職に就いている人ならば営業目標に向けて進捗状況を把握しやすいのと似ていることが分かります。 例えば、息子がNintendo Switchにポケモンソード・シールドを欲しがり、週1,000円のお小遣いをもらうとします。 そのゲームは6,000円なので、お小遣いの6倍です。 それをビジュアルに見せるために、6つの空き箱と、ポケモンゲームの絵が描かれているチャートを作ります。お小遣いを使う代わりに貯金することを選ぶと、箱が1ついっぱいになります。6つの箱がいっぱいになると、彼らはゲームを獲得し、かつ貴重な人生の教訓も学びました。


貯蓄をゲーム化


子どもの貯金にインセンティブを与えるのも一つの方法です。もし今使うのではなく100円をつければお小遣いは2倍にすることです。これは年長の子どもにとっては少し面倒ですが、1、2週間だけ支出を延期すると、お小遣いが2倍になったことに気付くはずでしょう。

このゲームは、次のような利点があります。衝動買い、お菓子、おもちゃなどを飛ばして、もっと大きなもののために貯めたくなったら、もっとお金を大切に扱って、それを手に入れるために働かなければならないことを学ぶからです。


東京オフィス

163-0649 新宿区西新宿 1-25-1 新宿センタービル 49階

台北オフィス

17F, #53, Sec.4 New Taipei Blvd., Xinzhuang Dist., NTC, 242 

© 2020 Copyright & Powered by BCC Inc.