投資を成長させるための7つのシンプルな戦略

「千里の道も一歩より起こる」千里の道を行くような大業であっても、まずは身近なところから着実に努力を重ねていくことで成功できるという教えです。「ローマは一日にしてならず」と似たことわざもあるように、コツコツと継続していくことが重要です。投資家としてのキャリアを始める時でも、いくつかのシンプルなことが常に根底にあります。


計画を立てる

お金をどこに入れるか、なぜ入れるか?長期的な経済的ニーズは何ですか?負債はあるか?今後数年間で大きな費用が発生するか?


完璧な投資ポートフォリオを作ろうとするよりも、良いプランを考えるほうがずっと簡単のはずです。 現状分析、資源、および目標をまとめると、資産を適切に配分するときに明確さをもたらします。 将来自分や家族のために良い生活品質を維持したいなら、今払うべき経済的な犠牲を理解することにも役立ちます。


卵は一つのカゴに盛るな

このシンプルで力強いことわざは、ほとんどの人が耳にするはず。しかし、具体的にそれはどういう意味ですか?複数の銀行口座に預金することでいいですか?それは第一歩に過ぎません。預貯金を複数の銀行に分散させると、機関リスクや信用リスクなどの特定のリスクが軽減されます。小さいながらも意味があります。しかし、このことわざの核心にあるのは、多様化の必要性です。


たとえば、互いに相関がなく、補完する資産を購入すること。そのため、1つがダウンしても、他の資産は影響を受けないか、さらには上昇する可能性があります。

また、貯蓄と投資と緊急資金を3つの独立した口座に分割することは、多くの人にとって効果的な戦略であることが実証されています。


ドルコスト平均法

一括投資するときは安値で買って高値で売ることで利益を確保するのに対して、ドルコスト平均法は、価格の変動に関係なく、定期的に一定額の資産を購入する手法です。初心者の投資家は毎月少し貯められる安定収入を持っているであれば、低金利の普通預金口座に入れる代わりに、気軽に投資を始めることができます。


このような初心者向けの定期的な投資には、2つの大きなメリットがあります。1つ目は、貯蓄プランに持続可能な習慣を身に付けることです。2つ目は、毎月定額を投資し、価格が低い場合により多くの口数を、価格が高い場合により少ない口数を購入することによって保有のコストを平準化します。時間が経つにつれて、このアプローチは見事に成果を上げることができます。購入タイミングを図らないで、タイム(時間)を計りましょう。


市場を俯瞰する

デイトレーダーでもない限り、本業がある人は投資や市場動向を毎日チェックする必要はないでしょう。ほとんどの主流のメディアは、金融業界向けでも、誇張でかつヒステリックに視聴率やPV数をあげることが彼らにとって商売なのです。 ニュースの奴隷になる必要はないです。

ポートフォリオ全体の1つがうまく行っていない場合、必ずしも気を落すことになるとは限りません。ポートフォリオが多様化することで、毎年どの時期でも、少なくとも一部が低下することは予想されます。すべてのアセットクラスが上昇する状況を維持するのはほぼ不可能だからです。

Source: https://www.morningstar.co.jp/world_index/


リスクをマネージする

No risk, No return 「リスクを取らないと、リターンはない」と言いますが、低リスクの高いリターン投資があれば、誰もが望むでしょう?現実には、このようなことは原則として不可能です。投資をするときは「相手はどう出る?」と考えてください。資金を投入するには、誰かがその投資機会を提供する必要があります。相対的かつ十分なリスクを負担せずに、誰にリターンを求めるでしょうか。資産を増やしたい、収益を生み出すには、少なくともある程度のリスクを受け入れなければなりません。しかし、資産形成・運用はギャンブルではありません。一か八かではありません。

Managed risk, Better return リスクをマネージし、よりいいリターンを目指すほうが賢明です。


感情より勘定する

投資の世界で、人は行動パターンや感情に矛盾が生じてしまいがちです。相場が上昇し、好転すると、人は市場に駆け込みます。一方、相場が下落し、出口が見えないときには、人はよく底値で損切りしたり、気分でナンピン買いしたり、あるいは市場から去っていきます。これが賢明な戦略かどうかを判断するには、電卓を叩いて計算すればいいです。

一貫した運用戦略を堅持し、ドルコスト平均法を活用することは、リスクを平準化し、長期的にパフォーマンスを向上させる効果的な方法です。


アドバイザーを持つ

インターネットに出回る投資情報は、一生をかけたとしても読み切れない膨大な量があります。 得体の知れない匿名記事より、経験豊かなファイナンシャル・アドバイザーに一度話したほうがよっぽと効率がいいです。特に、市場の不安定な時期には、ベテランの専門家が投資判断から不要な感情を取り除き、財務状況を客観的に把握するのに役立ちます。

東京オフィス

163-0649 新宿区西新宿 1-25-1 新宿センタービル 49階

台北オフィス

17F, #53, Sec.4 New Taipei Blvd., Xinzhuang Dist., NTC, 242 

© 2020 Copyright & Powered by BCC Inc.