投資収益率の周期表から学ぶこと




勝ち続けるアセットクラスはない


学ぶべき最初の教訓は、永遠の勝者はいないということです。例えば、米国の大型株、いわゆる「S&P 500」というラベルの付いた紺色ボックス(Large Caps Equity)を見てみましょう。過去20年間で、上位3位に入ったのが6回、2度は1位でした。新興市場株式は8回が最高で4回が最悪でした。つまり、常に最高のパフォーマンスのアセットクラスを所有したい場合、全クラスを持つしかないです。


それが、多様化あるいは分散投資という


テーブルを見つめるほど、特定のアセットクラスと他のアセットクラスとの関係について多くのことを学ぶことができます。しかし、検討する際に注意していただきたいのは、アセットクラス間の多様化の必要性です。すべてのお金を株式、特に1種類の株式、債券、または不動産に投入することはポートフォリオを構築するのは賢明ではないし、ほんの少しの不運で、最終的に財務目標を達成できなくなる可能性があります。