損しないための保険金の税金

生命保険に加入する一番の目的は、死亡保障でしょう。

本人が亡くなった時に、残される大事な家族の生活のために

保険をかけておくという人も多いと思います。


保障を中心とした本来の生命保険ですが、

資産形成として外貨建ての積立型の終身保険や

個人年金保険を利用する方も多いようです。


これは加入してから数年経過後に「解約返戻金」を受け取ることもあるのです。


所得税が課税されるのは、自分で保険料を負担して、満期または解約した時に自分で受け取った場合です。

この場合の保険金は、受け取りの方法により、

「一時所得」または「雑所得」として課税されます。


保険金を「一時金」で受領した場合


解約返戻金や満期保険金を一時金で受領した場合には、「一時所得」になります。


一時所得の金額は、

受け取った保険金の総額から

自分が払い込んだ保険料を差し引き、

そこから一時所得の特別控除50万円を差し引いた金額です。


課税の対象になるのは、 この金額をさらに半分にした金額です。

半額になるので、税金的にはお得といえます。


課税対象=(保険金-払込保険料-特別控除50万)×1/2

保険金を「年金」で受領した場合


満期期保険金を年金で受領した場合には、公的年金等以外の「雑所得」になります。


雑所得の金額は、

その年中に受け取った年金の額から、

その金額に対応する払込保後料を差し引いた金額です。


どちらの場合も、他の所得と合算して

税額を計算する総合課税ですので、

他の所得金額が低い年に受けとることができれば、

節税につながります。


また、いずれの所得については、

自分で確定申告しなければ、税金の精算は終わりません。


実際にもらった保険金について

申告をしていないという申告漏れがよくみられます。

保険金については保険会社は税務署に「支払調書」を提出しているため、税務署はすべて把握しています。

どうせバレないと思って放置していたら、

申告漏れの指摘を受ける場合はありますので注意が必要です。


分からない場合は、代わりにご確認させていただきますので、

お気軽にご連絡ください

東京オフィス

163-0649 新宿区西新宿 1-25-1 新宿センタービル 49階

台北オフィス

17F, #53, Sec.4 New Taipei Blvd., Xinzhuang Dist., NTC, 242 

© 2020 Copyright & Powered by BCC Inc.