日本の保険会社、「資産運用」は優れている?

超低金利からマイナス金利の状況は、日本の金融市場に大きく影響していますが、日本の保険業界だけではなく、日本の金融環境自体は高度な保護主義に支えられています。



日本の保険市場で活躍する外資系の保険会社は、日本の保険会社と同じように業務を行うことができます。しかし、国内プレーヤーより競争力のある商品を提供することは許可されていません。

外資系の保険会社は、たとえ他国では保険市場のリーダーであっても、日本に上陸すれば、ただの日本企業です。多くの場合、彼らは「国際的な」利点をまったく提供することが許されません。


多くの日本の保険会社は海外に事業や子会社を持っていますが、日本での保険料収入に依存しているのが実情です。日本の保険会社は、衰退しつつある経済と人口の他、為替、国債の押し付け、マイナス金利などのリスクによって経営が逼迫しています。 一方、外資系の保険会社、特に多国籍企業は、魅力的な商品ラインナップ、保険契約者、保有する投資資産の多様性がはるかに高いです。


そもそも、莫大な宣伝広告費、人件費、営業活動費などをかける必要のある日本の保険会社が、有利な運用をできると考えることの方が不自然だといえます。

東京オフィス

163-0649 新宿区西新宿 1-25-1 新宿センタービル 49階

台北オフィス

17F, #53, Sec.4 New Taipei Blvd., Xinzhuang Dist., NTC, 242 

© 2020 Copyright & Powered by BCC Inc.