FXは投資?投機?

「FX投資を始めたいけど、どう思いますか?」と時々聞かれますが、まず知っておいてもらいたいのは、FX(外国為替証拠金取引)は投機です。投資と言い難いです。

投資とは、価値を生み出すことができる資産への資本の配分です。従来の投資では、この価値は、利息、配当、資本増価などの形で生み出されます。


FXは「ゼロサムゲーム」にかなり近いです。つまり、誰かが利益をあげるために、他の誰かがその金額を損する必要があるからです。


取引参加者によって価値が生まれていないです。もし、取引の手数料コストを含めると、実際にはネガティブサムゲームになります。ちなみに、カジノで見られるものはほとんど数学的にネガティブサムゲームに分類されています。


株式投資はどうですか?私たちが売買するとき、私が利益を確定するために他の誰かがお金を失うのではありませんか?必ずしもそうとは限らないです。


株式を所有する場合、文字通り会社の一部を所有することです。工場、知的財産、人的資本などの一部を所有します。配当金、議決権、そして企業の資産価値が上がれば上がるほど、持ち分の価値も上がります。一方、FXの利益は投機に基づいています。もちろん、FXのいい意味の用途は存在します。 企業は、国際的にビジネスを行う場合に通貨リスクを低減するためにFXを使用することが多いです。 例えば、メーカーは半年以内に外国から大量の原材料を購入しなければならない場合があります。予期せぬ理由(政策変更、自然災害など)で為替レートが間違った方向に動けば、原材料が急速に高騰し、採算性が悪化する可能性があります。リスクを軽減するため、FX先物契約を通して必要な外貨を一定の為替レートで確保することができます。この対策は決して安いものではないですが、半年後の為替レートによる損する可能性よりも確実に安くなります。


パーソナルファイナンスにおいて、同じような状況に置かれています。


例えば、日本で働いていて、給料は日本円でもらっています。来年1万ドルの予算で米国への豪遊を計画しているとします。将来のドル円レートがいくらなるかは分かりませんが、1万ドルが必要になることは確実です。私たちが避けたいのは、大幅の円安です。つまり、旅行コストが突然高くなってしまう可能性です。


この通貨リスクを軽減する一つの方法は、必要なドルを「ドル·コスト平均法」アプローチで貯めることです。年末までに1万ドルを累積するまで毎月少額の円をドルに両替していきます。もう一つの戦略は、円安リスクをヘッジするために、証券口座を使って先物を買うことです。(ただし、これは上級者向けです)。


残念ながら、上記の例は一般にFXを利用する方法ではありません。オンラインFX会社が増えたことにより、レバレッジをかけて、簡単に利益を上げる考えを広めたようです。最も簡単に損することも念頭に置いてください。

東京オフィス

163-0649 新宿区西新宿 1-25-1 新宿センタービル 49階

台北オフィス

17F, #53, Sec.4 New Taipei Blvd., Xinzhuang Dist., NTC, 242 

© 2020 Copyright & Powered by BCC Inc.