「固定資産税」から「相続税」の概算

November 3, 2017

クライアントから相続した場合はいくら税金を払うかの相続前相談を受けました。

具体的な税金計算は税理士に任せますが、

FPとしてのアドバイスはまず「固定資産税」を見て確認することです。

 

毎年6月頃に送られてくる固定資産税納税通知書に固定資産税評価額が記載されています。

建物の場合は固定資産税評価額が相続税評価額と同じです。

土地は場合は算出方法が路線価と倍率で違います。目安は固定資産税評価額+2割ほどです。

 

相続で不動産を取得した場合は、不動産取得税はかかりませんが、

1)登録免許税→不動産名義変更によって発生します。固定資産税評価額の0.4%

2)相続税→相続財産が3600万円の基礎控除内なら発生しない

 (基礎控除3000万円+法定相続人数×600万円)

3)不動産譲渡税→不動産を売却した場合発生します。

がかかる場合があります。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ